スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| Top↑

対米証券投資に注目2009年2月17日の経済指標一覧

08:50 (日) 12月第3次産業活動指数 [前月比] -0.9% -1.5% --
09:30 (豪) RBA議事録 17:15 (スイス) 12月実質小売売上高 [前年比] -1.4% -- --
17:30 (香港) 1月失業率 4.1% 4.3% --
18:30 (英) 1月消費者物価指数 [前月比] -0.4% -1.0% --
    (英) 1月消費者物価指数 [前年比] +3.1% +2.7% --

18:30 (英) 1月小売物価指数 [前月比] -1.4% -1.4% --
19:00 (独) 2月ZEW景況感調査 -31.0 -25.0 --
19:00 (ユーロ圏) 2月ZEW景況感調査 -30.8 -27.5 --
19:00 (ユーロ圏) 12月貿易収支 -70億EUR -67億EUR --
22:30 (米) 2月ニューヨーク連銀製造業景気指数 -22.2 -23.7 --
23:00 (米) 12月対米証券投資 [ネット長期フロー] -217億USD +200億USD --
    (米) 12月対米証券投資 [ネットフロー合計] +568億USD -- --

27:00 (米) 2月NAHB住宅市場指数 8 8 --

 今日は重要指標の目白押しですが、注目したいのは対米証券投資とドイツのZEWですね。

 ZEWがユーロの方向性を決め、対米証券投資がドルの方向性をきめるのではないでしょうか?。
もちろん、GM問題など突発的なイベントにも注意が必要です。され、祝日明けのNY市場がどう動くか注目ですね。

・・・・ところで、中川昭一さん。野党にコテンパンにされそうですね。
しかし、冷静に考えれば、ただの粗相で誰かに損害を与えたわけでもない・・。酔っ払いの面白いおじさんと考えて笑って許してあげる寛容さが日本人にも必要なのではないでしょうか?。




スポンサーサイト
| Top↑

日GDPはディープインパクト!!2009年2月16日の経済指標一覧

06:45 (NZ) 第4四半期生産者物価 [前期比] +2.8% +0.2% --
08:50 (日) 第4四半期GDP・一次速報 [前期比] -0.5% -3.1% --
    (日) 第4四半期GDP・一次速報 [前期比年率] -1.8% -11.7% --

13:30 (日) 12月鉱工業生産・確報 [前月比] -9.6% -- --
    (日) 12月鉱工業生産・確報 [前年比] -20.6% -- --
22:30 (加) 12月製造業出荷 [前月比] -6.4% -4.5% --

 今日はなんといっても、日GDP!!。

 おそらく、今日の夜7時のニュースでも最も大きく取り上げられる話題で、明朝のワイドショーでも知ったかぶりのコメンテーターがご大層なコメントをしてくれそうです。

 もちろん、前年比年率二桁マイナスの減少はちょっと信じられない規模で、大ニュースであることは間違いありません。

 しかし、為替市場も株式市場もは完全に大幅悪化を織り込んでいるのは確実です。わるいGDPは政治が景気対策の大判振る舞いをする余地を広げるので、結果より悪かったとしても投資家達はそれほど気にする必要はないかもしれません。

 取り合えず、9時前の発表に期待!!
| Top↑

2009年2月13日の経済指標一覧

06:45 (NZ) 12月小売売上高指数 [前月比] ±0.0% -0.7% --
08:50 (日) 2/7までの対外及び対内証券売買契約等の状況 --
16:00 (独) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] -0.5% -1.8% --
    (独) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] +0.8% -1.4% --

16:45 (仏) 第4四半期非農業部門雇用者 [前期比] -0.3% -0.5% --
16:45 (仏) 12月財政収支 -666億EUR -- --
16:50 (仏) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] +0.1% -1.2% --
    (仏) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] +0.6% -0.9% --
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] -0.2% -1.3% --
    (ユーロ圏) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] +0.6% -1.1% --
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 61.2 60.2 --


 今日はユーロ圏でGDPの発表ラッシュ。
 来週、16日に本邦GDPが二桁マイナスを予想されているのに比べれば、ずいぶんと控えめな予想がされています。
 今日の相場の動き方にもよりますが、さすがに週明けGDPの悲惨な結果になれば円売りは避けられないとは思うんだけどね。そういったことを織り込みに行く相場になるのでしょうか?。
 でも、最近の私の相場の読みは外れることが多いんですよね・・・・。

 今日は13日の金曜日で東京市場はSQ。朝から気持ち悪い寄り気配を見せられるのは憂鬱ですね。
| Top↑

2009年2月11日の経済指標一覧

16:00 (独) 1月消費者物価指数・確報 [前月比] -0.5% -0.5% --
    (独) 1月消費者物価指数・確報 [前年比] +0.9% +0.9% --
16:45 (仏) 12月経常収支 -44億EUR -- --
18:30 (英) 1月失業率 3.6% 3.8% --
18:30 (英) 1月失業保険申請件数 +7.79万件 +8.80万件 --
19:30 (英) BOE四半期インフレレポート

22:30 (加) 12月新築住宅価格指数 [前月比] -0.3% -0.3% --
22:30 (加) 12月国際商品貿易 +13億CAD +5億CAD --
22:30 (米) 12月貿易収支 -404億USD -355億USD --
28:00 (米) 1月月次財政収支 -178億USD -780億USD --


 今日の注目は英失業率と米貿易収支。

 日本はお休みですので、夜に備えてゆっくり休むのが吉!!だと思います。昼は為替も動かないでしょう。昼はゆっくり休み、夜になったらスキャル三昧というのがいいのでは?。お勧めはUSDJPYのショートかな?





| Top↑

本邦機械受注に注目!2009年2月9日の経済指標一覧




08:50 (日) 1月マネーストックM2+CD [前年比] +1.8% +1.8% --
08:50 (日) 12月経常収支 +5812億円 +4051億円 --
08:50 (日) 12月貿易収支 -934億円 -1247億円 --
08:50 (日) 12月機械受注 [前月比] -16.2% -6.5% --
    (日) 12月機械受注 [前年比] -27.7% -29.5% --

14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] 15.9 -- --
(日) 1月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] 17.6 -- --
16:00 (独) 12月貿易収支 +97億EUR +78億EUR --
16:00 (独) 12月経常収支 +86億EUR -- --
22:15 (加) 1月住宅着工件数 17.73万件
(17.22万件) 16.93万件 --

 今日の注目は本邦機械受注と貿易収支

 先週NY市場の株高、円安の動きを東京市場で継続する可能性は高いと思います。そして、マーケットが開く直前の機械受注が投資家心理に与える影響は無視できません。もしよければ文字通りイケイケ相場になるんじゃないでしょうか?。

 私は機械受注がポジティブサプライズでUSDJPYの戻り売りを探るような戦略かな?。

 あと、今週1週間は長期目的でAUDJPYロングの押し目買いを狙ってみたい。




| Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。