スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| Top↑

GDPショックか?日20084QGDPは前期比年率-12.7%!!

 (日)第4四半期GDP・一次速報は
【予想】[前期比]-3.1%  [前期比年率]-11.6%のところ
【結果】[前期比]-3.3%  [前期比年率]-12.7%でした。

 予想より悪かったですが、為替や株式がこれといった大きな反応は見せていないようです。
まあ、こんなもんでしょう・・・。

 ところで、このGDP前期比で結果が出るものなので、いまいち、長期的に見た場合の増減の状況が把握できませんね。そこで、2004年の第1四半期を1とした場合に現在のGDPの相対値を作ってみました。

日GDP伸び率
 
 戦後最大といわれた今回の景気拡大局面・・。ピークに達したのは2008年の第1四半期ですが、このときは1.075.。つまり2004年の第1四半期に比べ7.5%増加したに過ぎなかったのです。

 まあ、輸出企業は絶好調といっても末端の中小企業や個人までその恩恵が回ってこなかった今回の景気拡大局面・・・。この結果も当たり前といえば当たり前ですね。
 しかし、景気後退の弊害は大手だけでなく中小企業にも大きな影響を与えています。世の中「弱肉強食」とはいえ、厳しいですね。

 そういえば、週末のG7で中川昭一財務金融大臣がすごい記者会見をやってくれましたね。
私は、彼含め今の内閣に全く期待していないので、いまさらどうでもいいのですが、日本人としてちょっと恥ずかしかったかな?。

中川氏、G7記者会見でしどろもどろ 疲労?時差ボケ?AP辛らつ打電…健康状態心配の声も
20090215-00000054-mai-pol-thum-000.jpg 


日GDP

スポンサーサイト
| Top↑

恐怖の2月16日!日GDPはどんな結果になるのか?

 2月16日に本邦の10-12月四半期GDPが発表されます。その結果に投資家、政治家や経済の専門家が大いに注目しているようです。

なんていったって前年比-10%を超えるGDPの減少が確実視されているからです。

異常です・・・これはきわめて異常です。

これをネタに野党が麻生総理を攻め立てるのが目に浮かびますね。

野党「麻生さん!!あなたが総理になってGDPがこんなに縮小しました。責任とって辞任すべきです!!。」

麻生「悪いのは竹中さんだ!!。私のせいにされるのは面白くねー。」

・・・こんな感じの会話になりそう。

とりあえず、私は麻生さんの支持率よりもGDPのマイナス幅の方が大きいと予想しています。大体-15%くらいですかね?。



| Top↑

貿易赤字拡大!?日2008年12月貿易収支は1979幾円の赤字





 (日)12月貿易収支は
【予想】-1759億円のところ
【結果】-1979億円でした。

 日本の製造業が壊滅的な状況の中、貿易赤字も拡大しています。今、振り返ってみると日本の製造業はアメリカのバブルという砂上の楼閣の柱の一部だったというべきでしょうか?。楼閣が崩れ落ちるとともに没落するのは必然・・・・。
 私は、今後、日本のものづくり復活にはかなり悲観的です。力のある大手製造業は海外生産を進め、下請けを担ってきた日本の中小工場は消えていく運命にあるのではないかと思っています。





日貿易収支


| Top↑

日本の指標は軒並み悪化!!2008年12月CPI,失業率、鉱工業生産等

 (日)12月全国消費者物価指数は
【予想】[前年比]+0.4%  [前年比:除生鮮]+0.3%のところ
【結果】[前年比]+0.4%  [前年比:除生鮮]+0.2%でした。

 (日)12月失業率は
【予想】4.1% のところ
 結果】4.4%でした。

 (日)12月鉱工業生産・速報は
【予想】[前月比]-8.9%  [前年比]-20.0%のところ
【結果】[前月比]-9.6%  [前年比]-20.6%でした。

 今日から3日間出かけておりますので、グラフは後日アップします。

 それにしても鉱工業生産が悪いですね・・・。日本は米国経済頼みですから米国が壊滅的だと日本も壊滅的になるのは仕方がありません、としかいいようがない。
 ユーロやオセアニア通貨が弱さを見せていますが、ポンドは底堅い動きをしていますね。逆指し値を入れて今日は早く寝ることにします。





| Top↑

日銀政策金利は据え置き!!

 日銀金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を現行の0.10%で据え置くことを、全会一致で決定ました。

日銀の声明は以下のとおり。

・政策金利据え置きは全会一致で決定した
・長期国債の購入額は残存機関1年以下で5兆5200億円
・CPの買い入れ対象はA1格以上とし、3兆円を上限とする
・金融機関を通じた買い入れる入札方式を採用

金利とは関係ないが、3番目のCP買い入れの条件は興味深い。どんな企業が適用で、どんな企業が適用されないのか?。興味ありますね。






| Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。