FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| Top↑

ユーロの利下げは打ち止め?!1/19の金融経済関係要人発言集



ノボトニー・オーストリア中銀総裁(オーストリアのラジオのインタビューで)
   「ECBは政策金利をゼロにはしたくはない」

白川方明日銀総裁
   「IMFの不良債権額は推定の1.4兆ドルより増えると思っている」

ダーリング英財務相
   「現在の景気後退は非常に激しく、リセッションを示すデータを確認した」

キング英中銀総裁
   「英中銀の銀行資産買い取りプログラムは金融状況の改善に向けた重要な手段となる」

ブラウン英首相
   「英中銀の銀行資産買い取りプログラムについての詳細を火曜日に発表する」

ECB理事会メンバー・プロボポラス・ギリシア中銀総裁(アテネでのインタビューで)
   「市場はECBの政策金利が1%を下回るとは思わないほうが良い」

トリシェECB総裁
   ・リスクの過小評価が今回の金融危機を引き起こした
   ・09年の成長は、先月時点での見通しを大きく下回ると予想している
   ・金融市場は依然として厳しい状況で、安易に安心できない

 今日は欧州要人からユーロの利下げ打ち止めを匂わす発言が出ていますね。ECBもBOEと同様時間がたつにつれ厳しい立場におかれていることが推察されます。
 また、白川さんのIMFの不良債権額発言も興味深い。1.4兆ドルより多いとすれば、一体どのくらいなのか?。また、そもそも、IMFはもちこたえることができるのか?。不安がくすぶりますね。万が一IMFが窮地に立たされれば所有している金が大量に放出されることが予想されます。



スポンサーサイト
| Top↑

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。